『○○を言うと運が遠ざかり、神仏の加護を得れない?』

こんにちは。 今日も興味深い話をしていきましょう。

 

98年『K-1グランプリ 98において、キックVS空手の対抗戦がおこなわれ、5鋒戦において、マイクベルナルドと極真のグラウべフェイトーザが対戦し、マイク1ラウンドTKO勝ちしました。

 

GRP_0006.jpg

 マイクベルナルド

 

その時のインタビューで、マイクは以下のようにコメントしてました。

 

「神に感謝したいと思います。 私がここにいれるのも神のおかげなのです。 この栄誉は神に捧げます。」

 

このコメントを見ると、マイクは非常に敬虔なクリスチャンだな、という思いがします。

 

私も、いろんなクリスチャンのいろんな友人がいて、そのそれぞれの派の会合の話しを聞くことが何回もありましたが、どうしてもクリスチャンになろうという気にはなれなかったですね(苦笑)。

 

「どうしてこの宗教に身を捧げようという気にこの人たちはなったのか?」と今も不思議でならないですね。

 

私は何回も書いているように、いろんな本を読むことで人生に必要な教訓は得れるので、とりたてて宗教に入る必要はないと思い、今もそれに変わりはないですね。

 

殊にキリスト教で使う聖書は、宣教師とともに読まなくてはわからない訓話がいっぱいあるので、宣教師に会える日まで待たなくてはならないのが億劫ですね(苦笑)。

 

koran.JPG

 

 

そんなことをしているよりも、人間関係やその他のジャンルの書店で売っている本ならば、1人で読めるので、時間を無駄にせずにいられます。

 

そういう意味でも、宗教にはのめりこめないですね。

 

他の宗教でも、一緒に勉強する会合等がありますが、その日まで待っているのではなく、積極的に読んで学んでいけばいいので、わざわざ会合に出席する必要はないと感じるのです。

 

いろんなジャンルの本を読むのに、難しい事などないのです。

 

義務教育を受けていれば誰でも読める内容なのです。

 

これは私の価値観で言っているので、宗教に入る人を批判しようとは思わないですね。

 

先のマイクのコメントを読むと、本気で神の加護を信じているんだなあと感心します。

 

そう感じているなら、そのまま突っ走っていってもらいたいな、と思います。

 

でもマイクは誠実な人柄で日本人にも人気があったのですが、残念ながら亡くなってしまったんですよね、非常に哀しいことです。

 

では、どうすれば神仏の加護をえれるのかということで、前々回に、極真空手第1回世界大会で優勝した佐藤勝昭の言葉を引用しましたが、やはりとにかく稽古を重ね、スランプや挫折を乗り越えて打ち込むことで神仏の加護をえれる、ということを書きました。

 

yuusyoukat.jpg

佐藤勝昭

 

これは当たり前すぎることですが、やはり重要だと思います。

 

それと、加護を得るためには日々の言動にも気を配らないといけないようですね。

 

人を貶す。

 

人の陰口を言う。

 

こういうことを平然としている人はやはり運が向かないし、神仏の加護はえれないようですね。

 

運がいい人はやはり人を貶さないし、人が過ちを犯しても反省の色があれば励ますことを忘れません。

 

こういう人が、やはり運を身に着け、神仏の加護を得ているのは、あなたの周りの人間を見ていればわかるでしょう?

 

私は20代のころ、喫茶店でバイトをしましたが、そこに入るときにそこの店長と面接をして、その時に店長から「ウチで働くことで、これからの人生のステップ台にしてください!」と言われました。

 

kohinull.jpg

 

きっと礼儀等に厳粛なんだなと思ったのですが、実際に働くうちにその予想が当たりました。

 

逐一、こういう場合はこう言う、ああいう場合はああ言うということを細かく教わりました。

 

確かにこういったことを学べば、確かに人生のステップ台になるなと思いました。

 

これは非常に大事なことだ、と感心した次第でした。

 

教わるうちに日々成長の痕跡を感じていました。

 

しかし、他のバイトの人たちは,余程甘やかされて育ったのか、その店長の指導が気に入らないらしく、毎日毎日店長の陰口を言っていたのですね。

 

私以外のバイト人は全部です。

 

何も悪いことや間違ったことは店長は言っていないし、礼儀として当然のことを指導しているだけでした。

 

それなのに毎日毎日陰口を言っている。

 

私は悪いとは思わないので、決してその悪口には参加しなかったですね。

 

そうすると、他のバイト人は私の悪口まで言うようになったのです。

 

店長の悪口を毎日毎日聞かされてはたまらない!

 

私は、店長と面接したときに、「1年間できますか?」と訊かれたときに、「ハイ、できます!」と答えましたが、こんなレベルの低い人たちと一緒にいてはたまらない、と思い「何とか今すぐ辞めれる方法はないか?」と考え続けた結果、私は左手首に嘘の包帯を巻いて、「空手でケガをしてしまいました。」と店長に報告し、あと1週間で辞めれるようになりました(笑)。

 

店長との約束を果たせなかったのは残念でしたし、店長は非常に誠実な人でしたし、間違ったことは何ひとつ言ってない。

 

なのに一緒に陰口など言うことなどできないと私は判断したのですね。

 

自分の信念を曲げて、間違ったことなど言ってないのに精神的なレベルの低い人たちと一緒になって陰口を言っているようではだめですね。

 

レベルの低い人たちと一緒にいると、そういうレベルの低い霊が集まってそういうレベルになるように拍車を掛けるように手助けするのでしょう。

 

何言ってんだ?と思われそうですが(笑)、これまで見聞してきた本や話から判断するとそういうことになります。

 

逆に、人の悪口は決して言わず、人を褒めれる人たちには、そういうレベルの高い霊や神仏が集まって更にレベルの高い人になるように手助けしてくれる。

 

そう思わざるを得ないですね。

 

ritual.JPG

 

空手でも同様に、一所懸命稽古している人には空手の神様が味方に付いて応援してくれるようになる、そうではないですか?

 

私は特定の神仏を奉る宗教は信じませんが、こういう神仏論は信じます。

 

これまで、見聞してきたことを吟味すれば、そのことは頷けるのではないでしょうか?

 

「そうだ!」と思った人は、参考にしてくださいませ。

 

1回くらいはいいや、と思い人の陰口を言う。

 

それだけで、聞いた人は不快に思い、あなたを信用しなくなることは間違いないですし、運を向かせることも、神仏の加護を得ることもできないでしょう。

 

そうなりたくないならば、信念をまげて陰口は絶対に言ってはなりません。

 

今回はこれにて失礼いたします。

 

発売から7年目に突入してますがいまだに売れています。

 

空手がうまくいくための情報冊子です!

 

間違った方法で稽古していては強くなれずにいて、その期間が長くなると、人の悪口を言いたくなります。

 

そうなるとやはり運を身に着けることはできないのは言うを待ちません!

 

どうか参考までにどうぞ。

  ↓

http://karate-rush.info/index.html

 

ここまでの精読ありがとうございました。

 

●おすすめメルマガです!

 

『驚異!フルコンタクト空手で必ず強くなる方法』

⇒購読希望のかたはクリック!