読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

運をつけたかったらオカルトにはいくな!

今日もブログを読んでいただき感謝します。

 

今回は、「運の付け方」の1つとして、 【運をつけたかったらオカルトの世界にはいくな!】 という題で話したいと思います。

 

また、奇妙な…と言われそうですが読んでいただきたいと思います(笑)。

 

これまで、心を妬みや怒りでいっぱいにしていると、低級霊や悪霊がその波動に反応して来て、その人の動向が悪くなるようにいたずらをする、ということを書いてきましたが、実際そういう人を見ると、やはり人生、生活おかしいほうにいってますし、空手をしている人でもやはり勝ててないですよね?

 

そのことに納得がいって、そのことに詳述した大川隆法の本にアクセスしてくれたかたが多くいて安心しました。

 

やはりスピリチュアル的なと言いますかオカルトチックなことにはバカにできないでしょう。

 

もう一度、氏の本を紹介しておきますので、興味ある人はチェックしてみてくださいませ。

 

神秘の法

 

今回もその関連で話をしたいと思います。

 

やはり日本のどこでも、お化け屋敷とか、廃寺といったホラースポットはあるものです。

 

haidera.JPG

 

また、ホラーめいた儀式とか言ったものは津々浦々あるものです。

 

そういうところには決して行ったり、触れてはならない、ということです。

 

「運」をつけたかったら!

 

健全な精神でいたいなら!

 

私は、有料で定額見放題のWOWOWに加入していますから、毎月いろんなドラマを見ることができます。

 

もちろん、オカルトも(笑) ある時、某オカルト映画をそれで見ました。

 

その映画は、男女のカップル2組が山の中にある貸別荘に行った。

 

その別荘の地下には、何やらテープレコーダーがあり、そこにあるテープの解説書があり、読んでみる。

 

すると、そこには、「このテープを再生すると山にいる悪霊たちがやってきて、このテープを再生した人たちに襲いかかり災いをもたらす」と書いてあった。

 

面白がって、そのカップルの男たちは、そのテープを再生してしまう。

 

するとそれが現実になって、山にいる魑魅魍魎たちがその別荘に集まって、山には大嵐がおこり、木々たちが荒れ狂う。

 

そして、カップルの女性がなにやらわけのわからない言葉を発するようになり、気がついてみると、白目だけをむき出しにして、顔が真っ白になり、モンスターそのものになり、男たちに襲いかかってくる。

 

もしもあなたがそういう事態になったらどうするだろうか?

 

こんなモンスターが襲いかかってきたらどうするだろうか?

  ↓

harawatasiryou.jpg

 

フルコンタクト空手では禁じられている上段突きがとっさに出るでしょう!(笑)

 

横顔面打ちが出るでしょう!

 

掴んでからの膝蹴りが出るでしょう!

 

また斧が近くにあったら、その斧をとって全力で、そのモンスターの脳天に向かって打ち下ろすでしょう!

 

実際にそうしてしまったのが、そのドラマの悲劇だったのです。

 

登場人物の男性は、その変化してしまった女性に向かってこん身で斧を打ち下ろしてしまったのです。

 

それだけでなく、倒れたところにさらに胸や足や腕まで打ち下ろしてしまったのです。

 

自己防衛本能が働き、そういう結果になるのはわかります、そんなモンスターが襲いかかってきたら。

 

しかし、切り刻むごとにそのモンスターの様相は後退していき、普通の女性の姿に戻っていったのです。

bokehoror.jpg

 

そのとき男性はものすごい後悔に襲われるのです。

 

そして号泣するのですが時すでに遅しでした。

 

全国にある猟奇的な殺人というのはこういう背景になっているのではないでしょうか?

 

ばらばらになった手足が発見されたとか、切り刻んだ死体を運んでいてその人が逮捕された、というような信じれない事件がよくありますが、私を含め常人にはそんなことは到底できた話ではありません。

 

私なら、体を切り刻むにしてもちょっとでも血が出たら、それだけでもう先に進むことはできません。

 

しかし、このようにモンスターに襲われたらとっさにしてしまうでしょう、自己防衛本能が働いて。

 

大川氏や心霊の除霊を仕事にしている人の本を読むと、決まって「心を怒りでいっぱいにしている人に霊は来やすい」と同じことを言っていますし、猟奇的な殺人をしてしまった人を知っている近所の人のインタビューを聞くと、きまって「普段非常におとなしくてそんなことする人には思えなかった」というようなことを言っています。

 

masterookawa.jpg

  大川隆法

 

おとなしい=普段怒らずに怒りをためやすい ということですね。

 

それで悪霊が、そばの人に取りついてモンスターに変化した。

 

そこでその人はとっさに反応して殺してしまった。

 

その人に事情を聴いて、モンスターに変化したから殺した、などと言っても霊などは非科学的とされている世間ではうけいれてもらえないから違う事情に書き換えて、ニュース等では発表する。

 

あくまでも私の想像ですが、でも信じれない話ではないでしょう?

 

古今東西霊などの話は枚挙にいとまがありませんし、そういった霊に乗っ取られた人から霊を除去する陰陽師という人は昔も今も日本にはいますし、西洋ではエクソシストという名で活躍しています。

yamasitaonmyou.jpg

  陰陽師

 

exosistdaz.jpg

 エクソシスト

 

そういうことを鑑みれば、やはり霊はいるのです。

 

そういう悪霊に目をつけられたら、その人の人生はトンでもないものになることは必至です。

 

ですから、そういうものには極力というか絶対に触れないことがいいのです。

 

また、何回も言っているよう心に怒りをためないのも大事です。

 

低級な霊や悪霊が、波動に反応して悪さをするのは、何も今回紹介した場合のみでなく、ホラー映画などを見ていると時もですね。

 

これからの暑い季節はやはり、そういう番組は多くなりますから注意が必要です。

 

そういうオカルトチックな話を信じているので、私はホラー映画をWOWOWでハードディスクに録画しても、観るのは1回だけで、それ以降はすぐに消去してしまいます。

 

同じ波動に…ということですね(笑) 次はこの続きをしていきたいと思います。

 

冒頭に、「お化け屋敷とか、廃寺といったホラースポットというところには決して行ったり、触れてはならない」ということを書きましたが、それは極真会館(松井派)の山田雅稔城西地区本部長も氏の本で書いているのです。

 

「運のつけかた」を詳述した本の中で!

 

yamada.jpg

 山田雅稔

 

ですから私独自のおかしな論などとは思ってほしくないです(笑)!

 

●弊社おすすめの空手冊子が以下になります。

 

今回書いたように、心の浄化をまずして子供心のようになっていただくことから書いています。

 

興味ある方はどうぞご覧ください。

 

発効から6年たってますがいまだに売れています!

http://karate-rush.info/index.html

 

 

今回はこれにて失礼いたします。

 

ここまで読んでいただき感謝します。

 

 

★おすすめメルマガです。

 

『驚異!フルコンタクト空手で必ず強くなる方法』

 

「パソコン、スマホの方は以下よりどうぞ!

→クリック

 

ガラケーの方は以下よりどうぞ!

→クリック