読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エウェルトンテイシェイラに学ぶ快進撃の仕方?

こんにちは。

 

前回は、2001年極真松井派『第2回世界ウェイト制大会』のロシアの大台頭ぶりについて話しました。

 

この時の日本人VSロシア人の対戦成績は6勝6敗でした。

これほどの台頭をするとは…まさに盧山師範の言われたように、ホントにロシアはブラジルどころではなかった」ようですね。

 

ピッチクノフが第7回世界大会で3位になったことで、格闘技雑誌にはブラジルより怖い?!ロシアの時代の到来!」とも書かれていましたが、ホントにブラジルより怖い存在になりあがりましたね。

 

これからもロシアに注意していきましょう!

 

今回は、ついでのことを話しましょう。

 

この時が、あのエウェルトンテイシェイラ(ブラジル)のデビュー戦だったのですね。

 

エヴェルトン

エウェルトンテイシェイラ   

 

エウェルトンテイシェイラといえば、極真松井派第8回世界大会で初出場ながら3位に入賞し、次の世界大会では悠然と優勝し、第10回世界大会では準優勝をした選手ですね。

 

これほどぶっちぎりの選手はそういるものではないですね。

 

しかし、2001年『第2回世界ウェイト制大会』ではその実力の片鱗も見えなかった、というのが正直なところです。

 

当時19歳とはいえ、非常に試合の基本がなってなくて、右利きなのに右の突きを出した時に、腰が切れていないので肩が前に出ていないのですね。

ガードを前に出して固めてないので、突きが撃たれ放題。

しかも、蹴りも腰が入ってないので、前蹴りを出した時にお尻が後ろに下がったままなのですね。

また、前に出ながら突きを出すという移動稽古不足のせいで、前のめりになる場面がちょくちょくありました。

こんな内容では、次のフィリォの跡継ぎにはならないだろうと思えるに充分でした。

このエウェルトンにブラジル支部長の磯部師範は、2007年世界大会を狙わせる。」と公言していましたが、「これでは…」と思わざるを得なかったですね。

 

磯部清次

磯部清次師範

しかし、その公言通りにエウェルトンは世界王者になったのですね!

この『第2回世界ウェイト制大会』は、その年の全日本ウェイト制重量級王者の門井敦嗣延長2回を戦い、僅差で敗れてしまうのです。

atushikadoi.jpg

門井敦嗣

茶帯19歳、しかも初出場で全日本重量級王者にここまでやったのだから、天晴というべきでしょう。

しかしエウェルトンの快進撃はここから始まるのです。

この年の『パリカップ』に出場し、決勝であのセルゲイオシポフに敗れて準優勝。

そして同じ年のアメリカズカップに出場して優勝

その次の年のアメリカズカップにも出場して優勝

2003年のアメリカズカップに出場して優勝

そのまま世界大会にも出場して、木山師範に準決勝で敗れて3位に終わるのです。

しかし、その2年後の『第3回世界ウェイト制大会』では重量級で優勝

そして周知のように2007年世界大会に出場して、決勝で相手を悠然と一本勝ちして優勝するのです。

なぜここまで快進撃をエウェルトンは続けることができたのか?

非常に興味深いことですが、その内容については次回話しましょう。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

★弊社おススメの空手冊子は以下です!

  ↓

http://karate-rush.info/index.html

 

ではこれにて失礼いたします。

次回もお楽しみに。

 

おススメメルマガの紹介です!

    ↓

『フルコンタクト空手で必ず強くなる方法』

 

空メール登録は こちら