読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前蹴りの意外な攻略法お教えします!

こんにちは。

 

回は、前蹴りを出せる人間は勝ち上がりに有利になる、ということを話しました。

 

では今回は、その関連で、前蹴りの防御の仕方について話しましょう。 中段への前蹴りは、1発や2発くらいなら大丈夫ですが、それ以上もらい続けると、ダメージになりやすいですし、そうなると自分の攻撃力も当然落ちてきますから、受けの練習はしていかなくてはいけません。

vere vs

 

それがとっさにできるようになることも、試合で勝つのに大事なことになります。

 

まずオーソドックスな前蹴りの受けは、相手が右の前蹴りを蹴ったら左のガードをしながら右手で斜め右に払うように流します。

 

相手が左の前蹴りを蹴ってきたら、右のガードをしながら左の手で斜め左に払うように流します。

 

しかし、受けだけを考えていては、前蹴りが得意な人間を攻略できません。

 

相手の間合いに入っていくためには、攻撃の際に工夫をしないと。

 

その工夫を今回は話します。

 

前蹴りが得意な人間に対しては、通常よりガードを内側に縮めて、背中も猫背気味に前かがみになります。

 

そうなると、相手は標的が狭くなりますし、前蹴りを蹴った際に、相手の肘に当たって自分がけがをするんじゃないかと思い、そうそう前蹴りを出せなくなります。

 

しかし、これだけではいけません。

 

攻撃する際に、あなたが右利きならば左足で、左利きならば右足で相手の足(この場合はどちらでも構いません)を蹴ります。

 

すると相手は蹴りを出せなくなります。 その瞬間を逃さず、とっさに相手の間合いに入って攻撃を入れるのです。

 

そこでいい攻撃が入れば、相手は本能として、とっさに反撃します。

 

その際に、ちょっと後ろに下がって前蹴りを放つのです。

 

これが相手のお株を奪う攻略法になります。

前蹴り

 

では、次にちょっとトリッキーな前蹴り攻略法をお教えしましょう。

 

相手を前にして、どちらの足でもいいですが自分の腰の高さくらいに上げます。

 

それでケンケンをしながら相手の間合いに入っていきます。

 

すると相手は前蹴りを出すことができなくなります。

 

そこでもすかさず攻撃を連打で出すのです。

 

攻撃が終わったら、またケンケンをしながら、あるいは足を上げながら後退するのです。

 

すると、相手は攻撃を出せずに見送るだけです。

 

これで分かったことは、前蹴りを出せるようになると、どうしても相手は防御をしなければならなくなり、自分に有利に試合を運べるようになるということです。

 

中段や下段の回し蹴りならば、もらいながらでも相手の間合いに入ることができる。

 

しかし前蹴りはもらいながら間合いに入っては、自分にダメージになってしまう。

 

だから、前蹴りを蹴れるようになることは非常に大事なことであるということです。

 

試合に勝ちたかったら前蹴りは練習しましょう。

 

ただしただ蹴ればいいのではなく、何千本も蹴って初めてモノにできるのです。

 

辛いですが、頑張りましょう。

 

試合に勝てるようにようになれるならこのくらいは屁でもないはずです。

 

絶対にやれっ!とすら言いたくなります。

 

…えっらそうな(笑)!

 

今回はこれにて失礼いたします。

 

ここまで読んでいただき感謝します。

 

極真会館松井派世界ウェイト制2回出場した安田幸治さんも買っていただきた冊子が以下になります。

 

yasudakou.jpg

 

興味ある方はどうぞ読んでいただきたいです。

 

発売から6年たっていますが、いまだに売れています。

  ↓

http://karate-rush.info/index.html

 

 

おススメメルマガの紹介です!

    ↓

『フルコンタクト空手で必ず強くなる方法』

 

空メール登録は こちら